easy traveler
new number special edition back number easy traveler とは 販売店リスト リンク メールで購入 問い合わせ
 
最新号紹介
01号表紙

easy traveler #01
購入


01 特集スタンダード
SOLDOUT
「基準」って言葉。あらためて考えてみるとおもしろい。
買い物をするとき、何かするとき、いったい何を基準に選択しているのだろう?。
その「基準」を身近なところで探ってみました

A SHAPE DRESS
パターンの秘密/きれいに見える服を探して。
とにかく読んでください!
いままで似合わないと思い込んでいた服、どこが問題なのか。どんな服なら身体がきれいに見えるのか。かなりわかります。ちょっと目からウロコです。 パターンというのは型紙のことなのだけれど、服のデザインが立体になるとき欠かせないものです。今回EASYのためにパターン講座をしてくれた「Mパターン研究所」の丸山由佳里さん。『装苑』など色んな雑誌で紹介されて、いますごい人気です。一般 の人の服、企業などのユニフォームのパターン作りで、もう寝る間もないほどの忙しさ。その丸山さんの仕事、作るパターンのことを20ページで大紹介! こんな内容はEASYだけです。
NOTE & TOTE
ノートとトートのスタンダード???
ノートもトートもとても必要なもの。でも、自分にしっくりくる究極のひとつには、なかなか出会えない。使いよさの基準ってなに?ってことで、それぞれの代表的なメーカー、ノートの『コクヨ』とトートの『LLビーン』に取材に行きました。ロングセラーにはそれなりの人気の理由がありました。とくに『コクヨ』さんのノート改良の裏話はおもしろい。
COFFEE TIME
この頃とてもコーヒーが流行中。続々できたカフェや某シアトル生まれのコーヒー店さんなど、もうすっかり定着した感じです。そろそろ自宅でも美味しいコーヒーをいれたいとか、自分でいれてみて初めて本当にコーヒーに目覚めたっていう話も、よく聞くようになりました。街で飲めるのはエスプレッソ・タイプが主流だけれど、自宅でいれるとしたらやっぱりドリップ・コーヒー。だから美味しさに定評ある喫茶店に聞いてきました。美味しいコーヒーを入れるコツとその道具について。なんか、いいのです。喫茶店のご主人たち。このページを読むと、カフェもいいけれどたまには喫茶店にも行きたいなと、きっと思うはず。
FASHION...《YAB-YUM》&《F.E.I》
EASYがめざすのは、ハイ・ファッションではなくて、でもカタログじゃないもの。日本に住む女の人にとってリアリティがあって、けれどすこし上級者向けのファッションです。

《YAB-YUM》は、東京のブランドとして文句なくいまいちばんのブランド。しかもこのEASYのファッション・フォトは、《YAB-YUM》デザイナーのパトリック・ライアンが自分で撮り下ろしたもの!。だからどこよりも濃い《YAB-YUM》の世界を見ることができます。


そして《F.E.I》。雑誌でおなじみ、女の子に大人気のブランド《IRONY》がもう少し年上の女の人のために作った新ショップです。今回スタイリングをしてくれた《F.E.I/IRONY》のディレクター松谷正美さんは、ほんとうにセンスがいい。なんでもないデイリー・カジュアルの着かたが、このページでわかります。 パトリックと松谷さんが作るファッションの世界。今後もずっと続きます。
連載はこの人たち!
益永みつ枝〈F.O.B COOPオーナー〉   馬詰佳香〈BORN FREE WORKS〉
雑誌などでおなじみだけれど、本当にすてきな女性です。ファンがたくさんいるのもわかります。もうあたりまえになった仏製『デュラレックス』のコップを、初めて日本に輸入したひと。いまではどこでも使っている、パリのカフェでは定番のエスプレッソ・マシーンを、初めてカフェに導入したひと。本当に「初めて」が多い益永さん。確かな物選び、そして柔軟な考えかた。「センスがいい」って益永さんみたいな人を言うんだなって、会うたび思います。この連載は、物選びを通 じて益永さんの仕事や考えかたを、益永さん自身がつづったもの。第1回は「HOME」。益永さん、いま家をプロデュースしています。それが本当にいい!。でも「本当にこの家に住みたいのは、もっと若い人かもね」ということで、現在マンションも企画中! 『F.O.BHOMES』のマンション住みたーい!というひと。EASYにどんどんメールで意見を寄せてくださいね。   裏表紙に後ろ姿で登場しています。馬詰さんがディレクターをしているケータリング・サービス『FREE BIRDS』 は、ブランドの展示会・ショップ・オープンのときに大活躍中。その理由は、ちょっと見た感じなんでもないのだけれど、メニューのプランニングから器選びまで、本当に気がきいていてかわいいから。馬詰さんもすごくセンスのいい人です。仕事に対する姿勢や考え方もとてもすてきなので、馬詰さんの世界を少しずつ紹介したいと、この連載を企画しました。生活に役立つアイデアから、仕事をどう考えるかなど、幅広くヒントになること間違いなしです。
崔 栄哩〈イラストレーター〉   奥本昭久〈フォトグラファー〉
ぜったい見てみて! 崔さんのイラスト絵本の誌上連載。涙が出るほどかわいいから。こんなにすごい崔さんなのに、なんと最近まで本業をお休みして、フランス料理の料理学校に通 っていました。電話すると「いま、鹿肉をさばいてた!」なんて言われちゃうのでおかしい。この人もEASYの大切なメンバーです。   新進フォトグラファーとして現在売りだし中。表紙と裏表紙や『F.E.I.』のファッションなど、すべて奥本さん。表紙の原付き、パッソルは奥本さんの私物。よーく見てきださい。ミッシェル・ガン・エレファントのステッカーなどが貼ってある。手刷りプリントのTシャツ・ブランドを勝手に作っちゃってたりとかしてておもしろいひと。連載しているわけじゃないのだけれど、EASYのイメージ作りに欠かせないメンバーです。


このほかにも、EASYの連載人は個性的な仕事をしている人ばかり。 順番に紹介していきます。



Copyright (C) 2008 easy workers. All Rights Reserved