easy traveler
new number special edition back number easy traveler とは 販売店リスト リンク メールで購入 問い合わせ
 
最新号紹介
03号表紙

easy traveler #03
購入


03 特集白と黒 SOLDOUT


白と黒って調べるほどなかなか不思議です。
ファッションや色んな物の定番の色。
そしてイメージやシンボルを象徴するものとして、たぶんいちばん多く使われる色
人や物の名前にもたくさん使われてる。 そんなとても身近かな無彩色、白と黒がテーマ。
そして内容は3部構成です。

WHITE ZONE《潔白にいいもの》
こんなに物がいっぱいな時代なので、だからこそ本当によい物を明白にしたい。そんな趣旨で企画してみました。15人のひとに挙げてもらった23の物に、ひとつずつ物に対する詳しい説明付き。「トレンドに左右されない定番で、何度でも買い替えて使いたいもの」を条件に挙げてもらっただけあって、物の説明ページは小さな『プロダクト豆豆辞典』。ぜんぶ読んでみてください。なかなかおもしろいです! 作った私たちスタッフも「そうだったのか」&「なるほど」の連続でした!
人選は…豪華メンバーです。益永みつ枝さん(F.O.B COOPオーナー)岡尾美代子さん(スタイリスト)大橋利枝子さん(スタイリスト)鄭秀和さん(建築家)トミタジュンさん(プロダクト・デザイナー)パトリック・ライアン(YAB-YUMデザイナー)馬詰佳香さん(BORN FREE WORKS )など。
BLACK ZONE《すてきなチョコレート職人》
黒はむかし「玄」と書いたそうです。その「玄」を使う言葉に「玄人」があります。「底が見えないほど奥深い人」という意味だそう。だからこのゾーンでは玄人と同義の「職人」、それもこの季節の食べ物、チョコレートの職人をテーマにしました。普通 のお店とは違うスタンスで、手作りでしか作れないとびきりおいしいチョコレートを作るふたりの女性を取材しました。とくに福井美彌子さん。約6種類だけのチョコレートを冬のあいだだけ、なんと20年間も完全な手作りで販売しています。そのチョコレートの素晴らしさ・美味しさといったら、それはもう! 手をかけるって情熱だし愛情だし、そうして作られたものっていいなあと実感。販売店が載っていますが、パテ屋さんのほうは地方発送もしていますよ。バレンタインに彼と二人で食べてみるのもいいかも!
TWILIGHT ZONE 《ふたつのエッセイ》
白と黒はよく光と影にもたとえられ、そして対立概念としてもよく使われます。「善と悪」や「白黒つける」ことについて01年の秋以降、こんなに話題になったことがあっただろうかと思います。世界はもしかすると、とても危ない方向へと傾いているのでは。そんなことを感じてしまうのです。メディアと権力が支配する世界で、力を持ち声高く主張できるものが支配する構造がよく見え、少数者の権利や自主性が守られるはずの民主的な社会が、政治的な建て前のなかに消えていくようで恐ろしくなります。立場を分けるものの間には、立場を分かちがたくする何物かがあるはず。このゾーンは、その境界線上をテーマにしたふたつのエッセイで作りました。ぜひぜひ読んでみてください。
 エッセイ1…山崎浩一『境界線の上』
 エッセイ2…堀口琢司『ハイブリッド』
ファッション
YAB-YUM 勤労青年隊
IRONY IRONY PEOPLE
なんとどちらもスタッフがモデルで登場!。YAB-YUMは、春夏コレクションをデザイナー、パトリック・ライアン自身がコーディネート! そしてなんとアトリエでの撮影です。着て個性が発揮できるブランドIRONYは、新しい服も古い服もミックスしているスタッフや友人たちのコーディネーションが、それぞれの味でおもしろい。ほかの雑誌では決して見ることができないファッションです。
レギュラー
■松尾由貴のNY通信《GOD BLESS THE WORLD!!》
 01年秋の事件、NYにいるからこそ実感したことが綴られています。NYの風景写真とともに。
■雑貨リサーチ  この時期だからこそ手帳について。
■F.O.B COOP益永みつ枝さんの連載エッセイ《CONTEMPORARY JAPAN》
 今回は12匹の子犬の子育て日記。かわいい子犬と益永さんのとびきりの笑顔がよい!
■大人気の《Mパターン研究所のアトリエノート》
 オールシーズン着れるテーラード・ジャケットができるまで。作りたくなってしまう!
■《BORN FREE》 は「ケータリングサービスはテーブルクロスから」
 ケータリングサービスのたびに、なんと手縫いしているテーブルクロス。そのわけは?
■旬の野菜とレシピ《FOUR SEASONS》
 冬篇は大根、れんこん、里芋。渋い野菜ばかりだけど、レシピはどれもあったか、美味しそう。
■人気グラフィックデザイナー本田喜子さんの《MY NOTE》
 今回はかわいい切手が満載。切手についてる本田さんのコメントがおもしろい。
■ファンが多いイラスト絵本、崔栄哩さんの《耳が羽犬》と綿瀬千代さんの《SKATINGRINK》 は今回もかわいい!
 どちらが好きか、分かれるみたいです。あなたはどちら派?

ほかにおなじみの趣味趣味な音楽&映画リストや特選ショップ紹介、絶滅危機本のページも。
そしてなんとなんと、今回は《YAB-YUM》 と《IRONY》から、非売品の読者プレゼント付き!。
申し込み方法はeasyのお知らせページでチェックしてください。 (終了致しました)


Copyright (C) 2008 easy workers. All Rights Reserved